CO-CO training

営業中の感染防止対策について

CO-CO trainingの神田です。

いつも弊社ホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。

 

CO-CO trainingは自粛期間を経て、5月7より営業再開をしております。

少しずつお客様もトレーニングを再開されており、改めて皆様をサポートさせて頂けることに喜びを感じる日々です。

 

埼玉県内における新型コロナウイルスの陽性者数は977人(うち新規:4名)、北本市内においても2名の陽性者が報告されています。
*2020年5月14日時点

一見、陽性者は少ないように感じますが、まだ特効薬となる薬も開発されていないため、油断はできません。

 

弊社でのパーソナルトレーニングは、体験トレーニング後にご入会頂いたお客様がご利用できます。

会員数は現在43名(休会中を含む)、1日にご利用される方、3〜4名となっており、特定された方が利用している、また密になるような状況を避けることができます。

それでも感染リスクをゼロにしたわけではありません。

弊社にできる最大限の感染防止対策を行い、お客様が安全にトレーニングができる環境を提供してまいります。

 

CO-CO trainingでは以下の感染防止対策を行っております。

 

・お客様への注意喚起
発熱時(37.5℃以上)や体調不良時の施設利用を自粛していただくこと

 

・次亜塩素酸による消毒の徹底
施設入り口、更衣室、手洗い場、マシン、トレーニングツール、その他(施設内でお客様、スタッフの接触がある箇所)、これらの消毒を定期的に行う

 

・スタッフの健康管理・対応
スタッフ全員の起床時の体温を測定、報告を徹底
発熱時(37.5℃以上)は感染の有無にかかわらず、出社停止とし、医療機関受診・休養を義務
感染が発覚した場合は即時保健所へ報告

 

・お客様への休会対応
社会全体が不安な中で、お客様が休会を申し出た場合は会則通り、3ヶ月以内の休会を許可する
*状況によって休会期間は柔軟に対応する

 

・お客様へ手洗いまたはアルコール消毒、検温のご協力
来店時に手洗いまたはアルコール消毒、検温へのご協力をお願い
検温により発熱(37.5℃以上)が分かった場合や体調不良時の施設利用を自粛していただくこと

 

・トレーニンググローブの1回使用ごとの消毒
トレーニンググローブの数を増やし、連続してお客様が使用することがないようにすること
1回ごとの使用後に次亜塩素酸による消毒を行い、最低でも4時間は使用しない

 

・スタッフのサポート時におけるマスクの着用
トレーニングサポート時には、スタッフは必ずマスクを着用
*お客様に関しては、トレーニングにより呼吸数が増大する中で、マスクの着用が困難なため、自己判断の上、着用して頂くこと

 

・ご予約の間隔を30~60分設ける
空気の入れ替えや、施設の消毒を行う関係で、お客様のご予約を必ず30分以上設ける

 

・トレーニング前にツールのアルコール消毒
お客様がツールをご使用する前にアルコールのペーパーにて消毒後、使用

 

上記、対応を行います。

 

このような状況の中で、CO-CO trainingにご来店頂いて下さる既存のお客様、体験のご希望される新規のお客様を最大限のリスク管理による安全と最高のサポートをさせて頂けるよう、スタッフ一同体調管理に努めます。

何とぞご高承のうえ今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

体験トレーニングの予約をする